« 最近のお気に入り:ISSA | トップページ | LAST AUTUMN'S DREAM/Nine Lives »

2011年11月23日 (水)

Circus Maximus、その周辺。

「Images & Words」の頃のDREAM THEATERに、TNTのトニーハーネルが

加入して、TNTやSHYのようなAOR~メロディックハード系の清涼感溢れる

メロディを伸びやかに歌い上げ、GやKeyも芳醇なメロディを紡ぎあげる…

そんな音楽性で多くのプログレメタルファンのハートを鼓舞させてくれた

Circus Maximus。

Circusmaximus_shot_2

私もその一人で、2ndの「Isolate」は弊Blogでも採り上げさせていただきました。

 レヴュー→Isolate

彼らのデビュー作は2005年、2ndは2007年と2年の間隔での

リリースだったのですが、

3rdリリースアルバムの報は待てど暮らせどやってきません。

あったのはVo.マイケル・エリクセンの

KAMELOTのツアーでのヘルプのニュースくらい。

その後、KAMELOTのロイ・カーン脱退の報があり、

彼らに引き抜かれたらどうしよう!?と心配していました。

が、3rd絶賛レコーディング中!のスタジオ風景動画が

youtubeにUpされ、杞憂に終わりました。

昨年11月にはドラムトラックのレコーディングが終了。

…しかし。またもその後、情報がありません。

一体どうなってしまったのでしょうか?

このまま自然消滅してしまうなんてことは、まさか、ないですよね!?

と、またも気を揉んでいました(^^;

と、そんな時、彼らのサイトを久し振りにのぞいてみたら、

Perfect Progサイトでのマイケル・エリクセンのインタビューへのリンクが!

10月27日付の最新インタビューが!英語力ゼロの私ですが、

頑張って読んでみました。多分、こんな主旨の発言が。

----------------------------------------------------------------
昨年末にドラムトラックを録音したものの、

メンバーの腕の故障等の身体的な理由で中断していた。

が、ようやく再開し、年明けの早期に最終のMixに入る見込み。

9曲入で近々アルバムタイトルも発表される予定。

 ※英語力ゼロのため、念のため、ソース→Perfect Progへのリンク
----------------------------------------------------------------

…この発言通りにレコーディングが完了すれば、約4年振りの新作です!

長かった…マイケルもDEF LEPPARD状態と自嘲してます(^^;

いやぁ~楽しみ過ぎます!

メロディックなプログレメタルもいろいろと出てきましたが、

メロディセンスの秀逸さでは

Circus Maximusは頭抜けていると感じています。

待ってました…!と小躍りしていたところ。

マイミクさんからマイケル・エリクセンとフィンランドのメタルバンド、

LEVERAGEのG.のトースティ・スプーフによるユニット

The Magnificent の存在を教えていただきました。

今年の11/4にアルバムリリースしたばかりの

出来立てのホヤホヤユニットです。知りませんでした。

試しにyoutubeで数曲、試聴してみたのですが…。感動しました…。

「Tell No Tells」期のTNTをはじめとする北欧美旋律HRを基盤に、

元BALANCE OF POWERのKeyが結成した英国HRバンド

PRIDEを彷彿とさせる、美旋律メロディとテクニカルGの共存、

そしてキラキラのKeyが極上のカタルシスを運んでくる、

メロディアスハードロックの理想郷ともいうべき音楽が

展開されているのです。この衝撃は個人的にはW.E.T以来です。

素晴らしい…!

こんなにも素晴らしい音楽、日本盤も出なければ嘘だ!と思い

調べてみると、ちゃんと12/14にリリースされる模様です。

 ※日本盤詳細へのリンク→Spinningへのリンク

ボーナストラック1曲入り。う~ん、欲しい!!!すぐにでも欲しい!

輸入盤を即ゲットするか、ボートラ・ライナー付の日本盤を待つべきか。

悩みます…。

Frontiers Record、手が空いている実力派Voに同レーベルの作曲スタッフと

バンドをお膳立てして素晴らしいアルバムを作り上げる術に長けていますね。

HAREM SCAREMのハリー・ヘスのFirst Signalしかり、

元HELLOWEENのマイケル・キスクのPlace Vendomeしかり。

今作の作曲スタッフを見ると、

G.のトースティ・スプーフのLEVERAGEのメンバーや、

マイケル・エリクセンのCircus Maximusの盟友G.、マッツ・ハウゲン、

さらにはフィンランドのちょっとプログレッシヴなJOURNEYタイプバンド、

Urban Taleのキンモ・ブロムの名前も!!!納得の楽曲です。

この素晴らしい音楽に癒されつつ、

Circus Maximusの2012年春頃!?の来るべき新譜を待ちたいと思います。

紹介してくださったマイミクさんに感謝!!!

(2011.11.26追記)

Youtube動画を張っていましたが、削除されましたので、

Frontiers Recordへのリンクを。

曲の一部分ではありますが、ここでも全曲が試聴できますよ!

たまらなくキャッチーでキラキラ爽やかな"Love`s On The Line"と

Whitesnake"Is This Love"からブルージーさを抜いて

91SUITEっぽくしたバラード"Angel"が特にいい感じ♪

 Frontiers Recordへのリンク

↓The Magnificent/The Magnificent

The_magnificent

関連記事:
CIRCUS MAXIMUS/Nine
CIRCUS MAXIMUS:Isolate
CIRCUS MAXIMUS/The 1st Chapter
THE MAGNIFICENT/THE MAGNIFICENT

|

« 最近のお気に入り:ISSA | トップページ | LAST AUTUMN'S DREAM/Nine Lives »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2332/43119981

この記事へのトラックバック一覧です: Circus Maximus、その周辺。:

« 最近のお気に入り:ISSA | トップページ | LAST AUTUMN'S DREAM/Nine Lives »