« さようなら、HAREM SCAREM | トップページ | Dreamcatcherを求めて・・・ »

2008年3月12日 (水)

Isolate/CIRCUS MAXIMUS

なんと半年振りの更新です。HAREM SCAREMの解散について思うこととか、

書きたいことはいろいろあったのですが、いつの間にやらこんなにも時間が経過

してしまいました。

買いたいCDもいっぱいあるものの、購入する機会や聴き込む時間も取れず、

ここ半年くらいはもっぱら昔のCDばかり聴いてました。

しかし…!やっぱり新しい音源が欲しい!

ARCH ENEMY、AMORPHIS、LAST AUTUMN’S DREAMの新譜は

その筆頭で、近々発売のCHILDREN OF BODOMも見逃せません。

…とはいうものの、年末頃からずっと気になっていたバンドがいました。

そして、先週、所用で京都に行くことがあった際、先述のバンド郡を差し置いて、

勢いで購入してしまいました。

それが…Circus Maximusの「ISOLATE」です!!!

とにかく即効性の高い音楽性で、現在私は彼らに執心中。

目下、ヘヴィローテーション中です。

Circusmximus_2_2

ノルウェーのオスロで結成された彼らの、
日本においては07年10月に発売された2枚目のアルバムで、日本デビュー作です。

「Images & Words」の頃のDREAM THEATERに、TNTのトニーハーネルが
加入して、TNTやSHYのようなAOR~メロディックハード系の清涼感溢れる
メロディを伸びやかに歌い上げ、GやKeyも芳醇なメロディを紡ぎあげる…
そんな音楽性の、全編メロディに満ち満ちた、プログレメタルです。

とにかくVo.のマイケル・エリクセンの歌唱が素晴らしいです。
トニーハーネルやトニーミルズのような超絶ハイトーンだけでなく、
中低音部ではロイ・カーンのようなニュアンスを感じさせる当り、
ハイトーン一辺倒のシンガーとは一線を画した、深みも表現できる
かなりの実力者です。

また、このG、マッツ・ハウゲンが上手い。メロディアスに編み上げるフレージング、
一転して火を噴くスピードピッキングの緩急の妙、
場面場面に応じたトーン・サウンドメイキングのセンス、
歌心あるアコギプレイ、ダークなニュアンスも付与したリフの応酬…。

新人バンドらしからぬ実力者です。

また、9曲中7曲が4~5分台でまとめられているのも、
幅広いリスナーにアピールし得るポイントだと思います。
しかも、そのほどよい尺のなかで スリリングなインタープレイやドラマ性ある
展開美も繰り広げられているのです。一方、12分に及ぶ“Mouth Of Madness”
9分の“Ultimate Sacrifice”のプログレメタルならではの濃密な曲も用意、
アルバム全体を覆うコンセプト「精神病棟の隔離室に入れられた男」
というヘヴィなテーマ等、単に耳触りが良いだけではない、インテリジェンスも内包
しているのが聴き応えがあって良いですね。

なかでも、緊迫したスピード感と炸裂するハイトーンで疾走するヴァースから一転、
闇を切り裂くかのような、一筋の光、救いのイメージを想起させ、
天に昇るような浮遊感を伴うブリッジへの展開
(ブリッジ扱いがもったいない!コーラスでも通用するメロディ)、
そして厚いコーラスに彩られたコーラス部というドラマ性が素晴らしい#2 Abyss、
初夏の高原でのドライブで大音量で聴きたいメロディックロック全開の
#5 Arrival Of Love 、アルバムのハイライト#7 Mouth Of Madnessにおける
QUEENSRHYCHE「OPERATION:MINDCRIME」をDREAM THEATERが
再解釈したかのようなドラマ性がたまらなく素晴らしいです。中間部における
Gの泣きっぷりが堪りません…!!!
この他にも息をつかせない曲が目白押しで、捨て曲は一切ありません。

そこにオリジナリティはあるのか?と問われれば、確かに先達の音楽性の
良いところ取りという指摘は出来るかもしれません。
しかし、単なる「DREAM THEATERフォロワー」で片付けるには勿体無い
才能が溢れている音楽とプレイだと思いますし、むしろその弱点は今後の
「伸びしろ」と前向きに評価できる、マイナスを補って余りあるプラス面が多い
バンドだと思います。

「SIX DEGREES OF INNER TURBULENCE」以降のDREAM THEATERに
ついていけなくなった方(私です)、A.C.T.の1stが好きな方には特にオススメです。

今後の成長が楽しみなバンドです。だからHM/HRはやめられません!

※4/14 曲解説の曲番号、曲名の誤りを修正しました

おしまい。

関連記事:
CIRCUS MAXIMUS/The 1st Chapter
CIRCUS MAXIMUS/Nine
CIRCUS MAXIMUS、その周辺。
THE MAGNIFICENT/THE MAGNIFICENT

↓私のHP

ことのはの、かけはし

|

« さようなら、HAREM SCAREM | トップページ | Dreamcatcherを求めて・・・ »

「MELODIC ROCK」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!
KAKEHASHIさん健在ですね。このアルバム、結構各所で好評の様でちょっと興味があります。また更新待ってます。

投稿: ファラン | 2008年3月13日 (木) 21時28分

こんばんわ!
KAKEHASHIさんの熱いレビュー、
激しく同意しつつ読ませていただきました!
と言っても私は、まだ先月リマスタリング再発された
1stしか聴いていないのですが、2ndさらによさそうですね〜happy02
特に「QUEENSRHYCHE「OPERATION:MINDCRIME」を
DREAM THEATERが再解釈したかのような」の一文に
興味深々でございますshine
こうして今年も音楽への果てしなき欲望が
むくむくとわいてきちゃいましたよ〜sweat01
あ〜ライヴも観てみたいなぁ。
例のメロハー祭あらため北欧祭でいってもらいましょうかgood

投稿: りでぃあ | 2008年3月13日 (木) 23時52分

ファランさんご無沙汰しております!コメントありがとうございます!
すっかり久々の記事になってしまいました。
にもかかわらず、コメントいただいてうれしいです!

CIRCUS MAXIMUSはいいですね~すっかり気に入ってしまいました。
やっぱり好評なんですね。DREAM THEATERの2ndが好きな方なら
きっと気に入ると思います。メロディの扱い方に北欧的な
ものを感じさせてくれるのも、ポイント高しです。
アグレッションはそれほど感じさせませんが、
ほどよいハードさとモダンさを感じさせてくれる
Gのリフメイキングとフレージングセンスは特筆モノです。

オススメです!

投稿: KAKEHASH | 2008年3月15日 (土) 23時36分

りでぃあさんこんばんは!
こちらではお久し振りです。
私の記事更新がすっかりご無沙汰となってしまいました。

りでぃあさんもCIRCUS MAXIMUS聴かれていたところ
だったんですね!
音楽性は異なりますが、A.C.Tがお好きなりでぃあさんのこと、
きっと気に入られるだろうな、と思っておりました!

こんなにも素晴らしい音楽性の彼ら、きっと1stも良いだろうなぁ
と思うにつけ、すぐにでも購入したい欲求でいっぱいになります。

#9は音楽性は必ずしもOPERATION:MINDCRIMEそのものではないのですが、
音楽がもたらすムードや、扱っているテーマに、共通のものを
感じました。中音域の歌唱が時にジェフ・テイト的な時もあるので、
それも一要因かもしれません。

LIVE観てみたいですね~。メロハー祭りもしくは北欧祭りで(^^
その際にはA.C.Tも是非!そしてLAST AUTUMUN’S DREAMも!
STREETTALKもやって欲しいなぁ。実現させて欲しいなぁ・・・。

投稿: KAKEHASH | 2008年3月15日 (土) 23時46分

気になる!!このレヴュー、めっちゃいい感じがする!
りでぃあさん同様、興味深々です!

投稿: しゅんじろー | 2008年4月12日 (土) 01時42分

おぉ、こちらへの書き込み、ありがとう!
この作品はかなりの「当り」だったよ!
これを聴きながらのエクササイズをオススメしよう!?

投稿: KAEKHASHI | 2008年4月14日 (月) 22時49分

近所のCD屋はやっぱりなくて、車で2時間のところにあるタワーレコードにもなかったので、諦めかけてました・・

早速聴きました!今一通り聴き終えました。 
いいです! まずは#5 Arrival of Love,#4 Sane No More が気に入りました!
レヴューの通りすばらしかったです!  

投稿: しゅんじろー | 2008年5月13日 (火) 00時04分

お、聴いたんだね!#5いいよね~!
これを聴きながら近所の海をドライブすることをオススメします!
これからの季節にピッタリでしょう!
爽やかメロディックロックでありながら、さりげなくユニゾンや
ハーモニープレイをかましてヒネリを加えているのがニクイ(死語)です。
欲を言えば、こういう曲が後半にもう1曲欲しかったかな。
#4はプログレメタルならではの曲で、
冒頭のKeyの音使いとか、ユニークでこれも良いです。
他にも良い曲が目白押しなので、楽しんでね!

投稿: KAEKHASHI | 2008年5月13日 (火) 23時52分

ごめんなさい。
今日はお願いです。

実はわたしの友達(友達といっても彼女はまだ29歳で娘のようなものですが^^)
その彼女の子供である5歳の女の子は
30万人に1人という難病をかかえています。
それでなんとかよりよい治療を受けさせてあげたいとの想いで
寄付金活動を開始することになり
わたしのブログのトップページ(”バツイチ女のひとり言”ってブログタイトルの横)に
ゆっくりでいいよ・・・「30万人に1人という難病を抱えた女の子です。どうかあなたの善意でひかるちゃんを救ってください。」と題して
寄付金をお願いするクリックボタンを設定しました。

そこからひかるちゃんのHPへ飛んでいただき
病気の説明やひかるちゃんのママが書いた想いを読んでくださって
賛同いただければ、ご負担かけない程度に
寄付金のご協力をお願いできれば幸いです。

ちなみに

ひかるちゃんHP
http://yukkuri.saga-n.net/

投稿: モモ | 2008年5月23日 (金) 17時12分

お久しぶりです!!
TBしたんですけど、失敗しちゃったみたい…。wobbly

投稿: Tommy | 2009年12月18日 (金) 08時01分

Tommyさん、お久し振りです!

TBありがとうございます!
実は私もTommyさんの記事にTBしたのですが、
失敗してしまいますcrying

メロハー+プログレメタルな音楽性は
本当に中毒性が高いですよね。新作が待ち遠しいです。
1stも聴きたいです!!!
ちょっとSYMPHONY X 風味もあるらしいですよ!

投稿: KAKEHASHI | 2009年12月20日 (日) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2332/11186411

この記事へのトラックバック一覧です: Isolate/CIRCUS MAXIMUS:

« さようなら、HAREM SCAREM | トップページ | Dreamcatcherを求めて・・・ »