« <続>LAST AUTUMN'S DREAM 来日公演!!! | トップページ | さようなら、HAREM SCAREM »

2007年8月12日 (日)

祝!LAST AUTUMN'S DREAM 来日公演!!!(↑記事遅過ぎ)

大変ご無沙汰しております。おかげさまで、家族と毎日楽しく暮らしております(^^
この4ヶ月間いろいろなことがありました。家庭、仕事、趣味…いろいろありました。
とりわけ趣味の世界で最も意義深かったのが、LAST AUMTUMN'S DREAMの、
念願の初来日公演!しかも、大阪に来てくれました!

いろいろと不確定要素はあったものの、チケットを購入。
午後休で気合を入れてのぞむつもりでいました。
が、しかし。不幸なことに、当日は会議がセッティングされ、しかも私が関わった
仕事もテーマに含まれることに。休むに休めないではないですか…(T_T)
私の会社から心斎橋へ向かう最寄り駅発車タイムリミットは17:45。
会社を17:30には出ないといけません。会議終了後の即ダッシュを図るため、
全て準備万端のうえで、会議に臨みました。
が、しかし・・・無常にも、会議終了は17:50。即ダッシュで心斎橋駅に
着いたのは19:00。さらに…田舎者の私は、クアトロのあるパルコに
上手くたどり着けません。あたふた迷って、ようやくパルコを発見したのは19:10。
あぁ…MASTERPLANとのカップリングだけど、どっちが先なんだろう…。
LAST AUTUMN'S DREAMの方が多分、先かな…。
あぁ…生真面目そうな彼らのこと、きっと定刻に開始して、
すでに2曲目くらいだろう…(T_T) こんなとき、ガンズだったら安心だったのに…。

そんな私がクアトロのドアを急いで開けた時に目に飛び込んできたのは、
ショルダーキーボードを提げたミカエル!何かの曲のエンディングを「ジャン!」と
キメたところでした。あぁ…やっぱり始まってたか…何曲見逃したんだろう…。
念願の初来日公演、オープニング曲は何だったんだろう…。
気を取り直して、スーツのままフロアへ。MCが始まりました。

少々緊張している面持ちの面々、Lastautumnsdream_saturnしかしミカエルは笑顔で挨拶してます。
そして…私にとっての1曲目が、ようやく、始まりました。
曲は…Pages!!!!
彼らの作品中でも最も速くてエネルギッシュなTuneです!!!
私は遅刻したことなど忘れ、スイッチオン!
私の周囲はMASTERPLAN待ちのファンなのか、
静観している人達ばかりだったのですが、構わずジャンプ!拳!
シンガロング!アンディ入魂のGソロではヘドバン!
“学園天国パート”ではGにあわせて♪ヘ~イヘイヘイへ~イへ~イ!
うつむき加減のアンディですが、ソロは熱いですね。ときおり見せる微笑が、
人柄の良さを感じさせます。それにしても、ミカエルの歌の熱いことよ。
素晴らしい歌唱です。声量もバッチリです。想像以上です。上手い…。
マルセルのベースラインは今やこのバンドの新たな顔。やはり印象的です。
しかし、音がブリブリに歪みまくってて、ラウドというよりは割れてしまってます。
ジェミーのDr、安定してます。やはりLIVEで特に差が出るのは
リズム隊の実力ですね。二人とも、長年のパートナー、非常にタイトな印象です。

続いて始まったのは“Heat Of Emotion”Lad_ii
2ndに収録され、FAIR WARNINGの1stでも披露された、
ZENOの曲です。 う~ん、最新作ではようやくやめた、
過去のセルフカバー、もう辞めて欲しいかな…
やるにしても、個人的には、ミカエルのソロから
やって欲しかった…。でも、アンディの勇姿を久し振りに見る、
FAIR WARNING時代からのファンはうれしかったことでしょう。

ミカエルがステージ脇にセットされたKeyへ。他のメンバーは一旦バックへ。
シチュエーション的に、ミカエルの弾語りバラードタイムでしょう。
「たのむ…The ONEをやってくれ…!!!」さっきまでのセルフカバー批判は
どこへやら、私はミカエルのソロ1stの名バラードである、
この曲を心で懇願していました。ミカエルのピアノで始まったのは、
意外にも、“Echoes From The Past”…う~ん…いい曲だけど、
これはBeagle Hatの曲で自作曲じゃないし…。
アルバムではQUEEN風味の重厚なコーラスとアレンジに彩られたこの曲が、
シンプルにピアノのみでプレイされたのは聴き応えあり、でしたが、Lastautmnswinter
しかしカバーじゃなくて、もっとやるべき曲はあるんじゃないの!?
…と思った私の心を察知してか(←そんなハズはない)、
ミカエルのKeyから始まったのは“Love To Go”!!!
素晴らしい前作のオープニング曲であり、
哀愁満載の名曲の登場に、私と会場前列(!?)は
ヒートアップ!!!ミカエルのハスキーで甘い歌声が冴え渡ります。
素晴らしい…!!!感激しているところで、またもメンバーのうち、
今度はミカエルとアンディがステージを去ります。

残されたマルセルとジェイミーによって始められたのは、リズム隊ソロ。
しかし…ブリブリに音が割れているマルセルのベースからは、
音の輪郭がつかめません。クラシカルなフレーズやタッピングも織り交ぜ、
その実力の程は、窺い知ることは出来ましたが、う~ん、もっといい音で
やって欲しいし、それ以前に、楽器隊ソロよりも、もっといろんな曲をやって欲しい。

二人のユニゾンによるビートが続くと、ミカエルとアンディが再登場。Mikaelone
そして始まったのは…“It's Alright”!
ミカエルのソロ時代の代表曲の登場です!
私は感激のあまり、ひたすら絶唱してました。
すると、ミカエルと目が合い、そしてミカエルは微笑みました。
私をみて微笑んだかはわかりませんが、
なんとなく全体にMASTERPLANファンが多く、
アウェー感のある会場で、かつ周囲に私ほど
騒いでいる人はいなかったので、私をみて微笑んだと、解釈しましょう!?
感激している前で始まったアンディの入魂のGソロ!フラッシーに極めるプレイ、
本当に良いギタリストです。

「みんなも一緒に歌ってくれるかな?」そうミカエルが語って始まったのは
“Rock N' Roll Is Saving My Soul”!ミディアムテンポのアンセム的な
この曲は、まさにLIVEでこそ聴きたい…そう私が願っていた曲でした。
♪ナ~ナナナナ~ナ~のコーラスから
♪Cuz I, I'm Here To Save You I'm Here To Heal You With Rock N' Roll…
のサビまで一緒に歌っていると、演奏が止まり、ミカエルは合唱を観客に求めます。
そして…またミカエルと目が合いました。
盲目的なファンの私は「さぁ…もっと歌って?」と促されたように思い込み、
声を振り絞って叫びました。すると、ミカエルは再び微笑み、反対側の方へ
歩いていきました。えぇ、私はもはや、王子様に魅入られた乙女状態ですとも。
私は今晩のカレの微笑みを忘れることはないでしょう…!?

すっかり恍惚状態の私に畳み掛けるように始まったのは、“Winter In Paradise”!
哀愁満載の名曲中の名曲の登場に私のアドレナリンは超増幅されていきます。
ミカエルのハスキーで甘くも力強い歌唱が会場に響き渡ります。
ただ…各メンバーの前にマイクスタンドはなく、コーラスワークはなし。
う~ん、コーラスもつけて欲しいんだけどなぁ…。
彼らの素晴らしいメロディを増幅してくれるコーラスはこのバンドにおいて
非常に大事な要素のひとつなんですが…。などと思っていると!

LAST AUTUMN'S DREAMの歴史の始まりを告げた、Lad_1st_2
1stの1曲目、名曲中の名曲、
“Again And Again”が!!!!!!!
この曲をLIVEで聴ける日が!遂に!ついに!訪れました!!!
LAST ATMUN'S DREAMという詩的なバンド名を象徴するような、
切ない調べを綴るアンディのヴォーカルと美しいKeyワーク。
死んでもいい…。ただ、ミックミカエリの名演だった
Keyソロはテープで処理され、前述の通りコーラスワークがないのは残念でした。
しかし、アルバムではフェードアウトで消えていた、アンディの素晴らしい
Gソロがフルでプレイされ、曲の持つエキサイトメントを最大限に引き出し、
ドラマティックに彩っていたのが、非常に印象的でした。これこそLIVEの
醍醐味です。パワーコードで盛り上げ、曲はエンディングを迎えました。

そして…メンバーが全員、ステージ前面へ。そして、肩を組んで、観客に挨拶。
え…?これって、オーラスってこと?アンコールは?ないの???
ステージを去るメンバー達。こ、これは!アンコールをせねば!!!

しかし…どうやってコールしよう?
「ラストオータムズドリーム!ラストオータムズドリーム?」…な、長い…。
やむなく「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」でアンコールを要求。しかし、無情にも、
スタッフによって、撤収が開始され、客電が灯され、BGMが。終了。
時刻は19:50分。定刻に始まっていたのなら、正味50分のLIVE。
私にとっては、40分。み、短すぎる…(T_T)遅刻が悔やまれます…。
くそ~部長め…(爆)!!!次のMASTERPLANマチの間、
私はひたすらドリンクバーで飲みまくりました。
“Going Home”のアンディの超絶泣きG聴きたかった…。
“The One”の甘い調べに酔いたかった…。
“Supersonic”や“The Way You Smile”で和みたかった…。

不満点は随所にあったものの、何が何でも聴きたい曲は概ね聴けましたし、
聞けば、彼らは初LIVEしかもほぼぶっつけ本番状態だったらしく、それを思えば、
ここまでのものを提供してみせる彼らは流石というより他ありません。
もし次回があるなら、ミカエルにはVoの専念してもらい、Keyもサポートで
入れて欲しいですね。それとコーラスも是非欲しいです。
2ndでKeyプレイしていたCRYSTAL BLUEのトーマス・ラッサールあたりなら、
唄もいけるヒトだったと思うので、適任だと思うのですが…。

…などと思いに耽ってドリンクバーで「淡麗生」を流し込んでいると、
観客が少々ざわつき、チラチラ後ろを見てます。
もしや…メンバーがいるのか?
私は大急ぎでカバンから、歌詞チェック用に持参していた、
アルバムジャケを持って、会場後部へ。

すると…!!そこには!ミカエルとアンディがファンと気さくに語りながら、
サインに興じているじゃないですか…!!!
私は興奮しながら彼らに語りかけ、握手を求め、そしてサインをいただきました。
そしてほどなくMASTERPLANのLIVEが開始すると、ミカエルはいたずらな笑顔で、
ステージを指差しながら、「ほら…LIVEが始まったよ…」と語りながら、
MASTERPLANのLIVEに集中するよう、促してくれました。

遅刻は悔やまれましたが、最後の最後に、うれしいボーナスがありました。
無理してでも行ってよかった…。

この後、MASTERPLANのLIVEに初めて参戦。とはいえ、個人的には
メンバーのうち、マイク・ディメオはRIOTの「NIGHTBREAKER TOUR」の大阪公演
以来約10年振り、ローランド・グラポウに至っては、
「KEEPER OF THE SEVEN KEYS PART II TOUR」名古屋公演以来
19年振り(!!)の再会となったのでした。

個人的に5年振りとなったHM/HR系LIVE参戦。忘れられない夜となりました。
LAST AUTUMN'S DREAMの単独来日公演を願いつつ、
彼らとの再びの再会を願い、“Again And Again”を今日もリピートするのでした。
彼らのサインを眺めながら…(^^;

↓ミカエル                ↓アンディ

Mikaelladsign_4 Andylad_2

関連記事:
Nine Lives/LAST AUTUMN'S DREAM
Yes/LAST AUTUMN'S DREAM
Saturn Strikes/LAST AUTUMN'S DREAM
Winter In Paradise/LAST AUTUMN'S DREAM
The 1/MIKAEL ERLANDSSON

LAST AUTUMN'S DREAM 来日公演!!!
<続>LAST AUTUMN'S DREAM 来日公演!!!
祝!LAST AUTUMN'S DREAM 来日公演!!!(↑記事遅過ぎ)

|

« <続>LAST AUTUMN'S DREAM 来日公演!!! | トップページ | さようなら、HAREM SCAREM »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです...ていうか、記事、遅っ! www


わたしは東京の初日に行き、そこでもKEY弾き語りコーナーは“Echoes From The Past”でした...ただ、アンディの声質には、こうした静かな曲のほうがあってるような気がして複雑でしたね...次の日には、ここで“The One”を演ったそうです...私も聴きたかった、残念!

聞き逃されたのは、最新アルバムの最初の二曲です。ていうか、三曲もアルバム通りに演るかw 

> “Going Home”のアンディの超絶泣きG聴きたかった…。
> “The One”の甘い調べに酔いたかった…。
> “Supersonic”や“The Way You Smile”で和みたかった…。


ほぼ、禿同!

個人的には、アンディのギターもっと聴きたかったなあ...ちょっと、音が全部リアで弾いてるような硬い感じがしたけど。


MASTERPLAN は、なんだか最初の二曲くらいで疲れて会場を出ちゃいました...

投稿: オヤジギャガー | 2007年8月12日 (日) 05時55分

オヤジギャガーさん、お久し振りです(^^

>お久しぶりです...ていうか、記事、遅っ! www

ははは…大阪公演からピッタリ2ヵ月後の記事UPだったりします(^^;
東京公演初日行かれたんですね!
ミカエルの弾き語り、東京も同じだったんですね。ミカエルの声は
こういうシンプルなプレイだとその良さがダイレクトに伝わってきますよね!
でも、個人的に収穫だったのは、バンドでのラウドなプレイにおいても、
埋もれることのないよく通る声で、かつあのハスキーボイスが
損なわれていない事でした。
“The One”は是非とも聴きたかった曲でした。最終日に演ったらしいですね。
羨ましい…。とにかく、50分は短すぎですよね。もっといろんな曲を
聴きたかったです。扱いが完全にオープニングアクトだったのも
不満アリでした。ダブルヘッドライナーという触れ込みだったのに…。
でも、バンドには罪はないと思います。単独公演の実現を切に願います。

MASTERPLAN、2曲でリタイアでしたか(^^;
マイクテラーナのドラムソロ、和太鼓みたいで面白かったですよ(爆)!

投稿: KAKEHASHI | 2007年8月12日 (日) 18時59分

KAKEHASHIさんのLADライブレポ、待ってましたよ!!
あ〜あれから早いもので2ヶ月が経ちますが、
ほんと素晴らしいライブでしたね。今月のB!誌によると
大阪は、ほぼぶっつけ本番のライブだったようで、
確かにそう聞いてなるほど、の部分もある出来だったけど、
逆にそれであれだけの演奏ができる、というのがすごいですよね。
The One、私も生で聴きたかったなぁ。大好きな曲です。
最近、別のバンドの淋しいニュースを聞きましたが、
彼らはこれからまだまだがんばってくれるようなので、
次のアルバム、そして単独公演を楽しみに応援していきましょう!!
素敵なバンドを紹介してくれたKAKEHASHIさんに
あらためて感謝です♪

投稿: りでぃあ | 2007年8月13日 (月) 02時10分

りでぃあさん、お久し振りです。
LIVEリポ、すっかり遅くなってしまいました(^^; 
っていうか、記事のUP自体が4ヶ月振り(大汗)。

LADのLIVE、ほとんどぶっつけ本番であれだけのものを
提示出来るのは凄いですよね。
確かに時折あらら…なショウ運びもありましたが、
プロとしてのクォリティは保たれていたと思います。
“The 1”は私的には“Again And Again”等と
並んで是非モノの曲だったので、残念です。
しかも東京最終でやってくれたと聞くと、残念さも
ひとしおです。う~ん、単独公演は厳しいにしても、
メロパワ対バンじゃなくて、AVALONメロハー祭りとして
来日してもらって、今度はもっといろんな曲を、
専任Key&コーラス付きでプレイして欲しいです。

寂しいニュース…HAREM SCAREM解散ですね…。
9月公演、行けるか厳しい状況ですが、
なんとかして最期を見届けたいです。

LAD気に入ってもらえて、しかもLIVEにまで足を運んでもらって、
BlogではLIVEに行こう!記事まで書いてもらって、
彼らに成り代わって感謝してます。本当にうれしいです。
こちらこそ、PORCUPINE TREEをはじめ、いろいろな音楽と
出逢わせていただいて感謝です!

投稿: KAKEHASHI | 2007年8月13日 (月) 12時24分

HAREM SCAREM 解散!? マジですか・・・延岡に来て以来へヴィメタルから遠ざかっていたので知らんかった・・・このブログのレビューを見て、いいもの創ってるんだなと思っとったのに・・・。
私が大学生の頃神戸の垂水の家に遊びに来てくれて、そこで mood swings を一緒に聴いて二人で感動したのを思い出したよ。確かあの頃が二人がはじめてHAREM SCAREM に出会って衝撃を受けた頃じゃないかなあ。

投稿: しゅんじろー | 2007年8月18日 (土) 01時26分

しゅんじろーくん、お久し振り!信州に行ってました。返事遅くなって
申し訳ないです。そうなんだよ、HAREM SCAREMの解散が決定して
しまったよ…。9月の来日後、ラストアルバムを発表して解散だそうです。
震災直後、神戸にお邪魔したよね。懐かしいなぁ…。HAREM SCAREM
との出会い、その頃だったかな…。「MOOD SWINGS」は衝撃だったよね。
“Change Comes Around”に完全KOでした。
以来、僕の青春の苦楽とともに、隣にいてくれたバンドでした。
こんなにも愛したバンドが解散だなんて、本当に信じられないです。

ただ、RUBBERに改名!などと宣言して「LAST LIVE」という
LIVEアルバムまで発表した挙句、結局HAREM SCAREMに戻った前科(^^;
のある彼ら、意外にあっさりと再結成したりして。
その暁には、Darren Smith復帰でお願いしたいです。
その日を今から楽しみにしておきましょう!?

投稿: KAKEHASH | 2007年8月22日 (水) 00時32分

実はわたしはF/W周辺のみの、かなりピンポイントなファンなので、ハーレムのことを最近までマトモに聴いたことがなかったんですよ...で、数枚聴いて瞬時にハマり、ライブに行きたいと思ったらなんと、解散公演じゃあないですかあぁ...www 次週、なんとか時間を作れそうなので、クアトロ行こうかと思ってます。曲といい演奏技術といい、あの表現の幅のあり過ぎるギターといい、素晴らしいバンドですね...

投稿: オヤジギャガー | 2007年9月23日 (日) 18時26分

オヤジギャガーさん、こんばんは。
お返事すっかり遅くなって申し訳ありません。

HAREM SCAREMをお聴きになられたんですね。
しかも気に入られたようで、我が事のようにうれしいです。
楽曲の構築力・メロディセンス・演奏力、
さらにはLIVEでのショウ運びまでもが
どれをとっても一級品の実力を持っている、
素晴らしいバンドだと思います。

それなのに…そうなんです!解散なんです。
明日の大阪公演をもって、実質お別れなのです。
その勇姿を、是非目に焼き付けてきてください…私の分も。
残念ながら、私は行けません…(T_T)

オヤジギャガーさんはどのアルバムを聴かれましたか?
オススメはやはり2nd「MOOD SWINGS」です。
メロディックロック史上に残る名盤だと断言出来ます。

当Blogでもレヴューなどしております。
よろしかったらご覧ください。

LIVEの感想など、ぜひお聞かせくださいね!

投稿: KAKEHASH | 2007年9月27日 (木) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2332/7500932

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!LAST AUTUMN'S DREAM 来日公演!!!(↑記事遅過ぎ):

» ライブ行きました!【Last Autumn's Dreamの巻】 [Lydia's Garden]
これまた1ヶ月以上前の話で、 相も変わらず今更感満載ではございますが、 前記事のQueensrycheに続いて 参戦したライブの感想など(^^; 〜Melodic Power Metal Night Vol.9〜 Last Autumn's Dream vs Masterplan 日時:2007年6月12日(日)19時から 会場:大阪 心斎橋クラブクアトロ ということで、 Queensrycheの感動も覚めやらぬまま、 なんとも贅沢なことに早速翌週のライブの予習開始。 はい、待望のLas... [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 02時02分

« <続>LAST AUTUMN'S DREAM 来日公演!!! | トップページ | さようなら、HAREM SCAREM »