« DIO WORLDへの誘い | トップページ | 2006年 Best Album »

2007年2月24日 (土)

屋久島へ

20070222100306

世界遺産の島、屋久島に取材で行ってました。ここは本当に物凄い島ですね。

こんなに小さい島に、1000m級の山が20近くそびえています。

それでいて、南の島なので、亜熱帯植物もあれば、冷温帯植物もあるという、

不思議な島です。20070222095151

さらには、樹齢1000年を超えた

屋久島特有の杉、

「屋久杉」があります。

1000年以上って…。

凄いですよね。

ただ取材のメインは別のもので、

天候が不安定でタイミング勝負、

しかも屋久杉のあるエリアは12月から2月は

積雪で登山道が閉鎖されるとのこと。

あきららめていたのですが、夕食の帰り道、

タクシーの運転手さんに「行けるよ。俺、昨日も入り口までお客さん乗せたもん」

と言われ、行ってしまいました。…スーツで。しかし、これは山をナメ過ぎです。

20070222084108 往復4時間の行程はあまりにハードでした。

これはハイキングじゃなく、完全に登山ですね。

シンドかったです。

でも、行った甲斐は充分すぎるほどありました。

行ったのは、白谷雲水峡といって、標高900mの地帯。

巨岩や倒木、屋久杉がことごとく苔に覆われていて、

そして薄暗いなかにも微かに差し込む光。

なんとも神秘的な原始の森という感じでした。

なんでも、宮崎駿監督は「もののけ姫」  20070222092330

のイメージを描くために、

ここに何度も通ったとか。

記事冒頭の写真は

白谷雲水峡の最奥で、

「もののけ姫の森」と呼ばれています。

幻想的な光景は、

まさに世界遺産の称号に

ふさわしいと思いました。

往復で9時間(!)の登山が必要な為、今回は見送りましたが、

屋久島の象徴、「縄文杉」はなんと樹齢7200年!!!いつか行きたいです。

20070221143145_1行く先々が絵になる島は、

日常の風景もなんだか、絵になります。

こんな風に、山に抱かれて農作業を営む姿に、

なんだか和まされます。

こんな暮らしも、いいかも…私には無理かな(^^;

星がまた、美しかったです。

屋久鹿、屋久猿にもいっぱい会いました。

屋久鹿は北海道に住んでた頃に出会った

エゾシカと比較すると、随分小さい印象です。

かわいかった…。

子供達を育てるなら、こういう自然豊かな所でこそ、子供達の感性を育むことが

出来るのではないでしょうか。いつか、家族と再び訪れたいです。

おしまい。 

業務連絡:

関係者の方々、このBlogを発見しても、内緒にしてくださいね。

気恥ずかしいので…(^^;Magness_solo

(本日のBGM:What's A Heart To Do/Clif Magness)      

↓私のHP

|

« DIO WORLDへの誘い | トップページ | 2006年 Best Album »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2332/5471034

この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島へ:

« DIO WORLDへの誘い | トップページ | 2006年 Best Album »