« Saturn Skyline/LAST AUTUMN'S DREAM | トップページ | DIO WORLDへの誘い »

2007年2月11日 (日)

疲れを癒す1曲

光陰矢のごとし、月日の経つのは本当に早いですね。

新しい1週間が始まったと思ったら、あっという間に金曜日が訪れ、

そしてお休みがやってきます。仕事に、プライベートに、

毎日いろいろなことが目白押しです。日常をこなすのに手一杯なのでしょうか。

夜、休日は本当にぐったりです。身体的な疲れは休息を取るより他ありません。

しかし、心の疲れは休息するだけでは、解決されないこともしばしば、です。

そんな時、私の心の疲れを癒してくれるのは、やはり、音楽です。

音楽のもつ響き、もしくはその音楽を過去に聴いていたときの空気の去来、

そいうったもの全てが、私を癒してくれるのです。

最近はもっぱら、この曲ですね。

Lastautumnsdream_saturn_2 Supersonic/LAST AUTUMN'S DREAM

ミカエルが紡ぐ心温まるメロディ、甘く切ない歌声。

楽器陣の織り成すやわらかい音の響き。中間部のアカペラパート。

アウトロのアンディの優しいソロ。

切ない調べが、私のトゲトゲした心をまあるくしてくれます。

忙殺される毎日の中で、時に忘れてしまいそうな、優しさを取り戻してくれます。

Streettalk1 If You Say It's Over/STREET TALK

爽やか北欧メロディの風を送り込む、フレドリック・バーグの

リラックス感たっぷりのキラキラミディアム・チューン。

プールサイドでくつろいで聴きたいですね。

失恋の曲ですが、曲調は正反対。

「It’s」を「恋」ではなく、日頃抱えているものに置き換えて聴くと、スカっとします。

アルバムではこの後“Brand New Start”へと続くのが、気が利いてます(^^

Itbites_eat

Charlie/IT BITES

奇才、フランシス・ダナリーのノーマルトーンギターの多重録音

による、ギターのみのインストゥルメンタルです。歌詞がないので、

どういうメッセージが込められているかは不明ですが、

恐らくは我が子へ捧げられた曲なのではないでしょうか。

我が子を見つめる愛情と優しさが伝わってきます。

この曲を聴くと、子供達の寝顔を思い出してしまいます。

Pridelions_destiny Light From A Distant Shore/PRIDE OF LIONS

メロディマスター、ジム・ピートリックのやさしいメロディを

トビー・ヒッチコックのクリスタルな声が歌い上げます。

大海に彷徨い迷いもがく船に自らを喩え、

遠くうっすら見える岸に灯る光を、愛する人達に喩え、

愛・希望を追い求める姿を歌った歌詞がメロディと相俟って、

明日への勇気と力を与えてくれます。…家族のみんな、元気かな…。

Plions1Prideland/PRIDE OF LIONS

同じバンドが続きます。

むせび泣くG、ピアノ、アコG、雨のSEのなか、

あたたかくも威厳に満ちたジム・ピーリックの歌声、

強い意志を感じさせる、表現力に溢れたトビー・ヒッチコックのハイトーンが語るのは、

サバンナにみるライオンの誇り。父ライオンと母ライオンが幼い命に伝える、

戦場であり、命のやりとりをする平原の厳しさ。それは自らへの戒めでもあります。

-------------------------------------------------------------------

私はあまり歌詞を重視せず、メロディや歌声や楽器の響きを重視する人なのですが、

しかし、思い入れのある曲は、歌詞も心に響いてきます。

そしてそのメッセージに時に勇気付けられ、時に癒されるのです。 

明日への希望、愛する人達への想い…。

きっと、その時に抱えている、心の疲れに一番フィットしたメッセージを

もった曲に、癒されるのでしょう。薬みたいなものですね。

さて、あなたの心の処方箋となる音楽は、何ですか?

関連記事:年明けの1曲目は?
       秋に聴きたいハードロック/ヘヴィメタル

おしまい。Koh1989_1

(本日のBGM:KING OF HEARTS/KING OF HEARTS)      

↓私のHP

|

« Saturn Skyline/LAST AUTUMN'S DREAM | トップページ | DIO WORLDへの誘い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
>心の疲れは休息するだけでは、解決されないこともしばしば、です。
>そんな時、私の心の疲れを癒してくれるのは、やはり、音楽です。
↑ほんとそうですね・・・。私の人生において音楽は欠かせない存在。癒してくれたり、元気づけてくれたり、勢いづけてくれたり・・・音楽なしの生活は考えられません。
偶然ですが、ちょうど今、Supersonicが流れています。ほんといい曲ですね。IT BITESのCharlieも大好きな曲です。KAKEHASHIさんがあげてらっしゃる他の3曲は聴いたことがないのですが、ぜひ聴いてみたいです。
さて、私の癒しの曲は何かなぁ、と考えてみたのですが、心が疲れたとき、必ずひっぱりだしてくるのはMARILLIONの「BRAVE」というアルバムですね。ご存知でしょうか?私にとっては「「静かに心が高揚し、静かに心が洗われる音楽」なんです・・・。

投稿: りでぃあ | 2007年2月16日 (金) 00時12分

りでぃあさん、こんにちは。音楽って、本当に大きな力を持った存在ですよね。音楽を奪われたら、どうやって生きていこう!?などと本気で思うほど、大事です。

Supersonicを聴きながら書き込みしてくださっているんですね、うれしいです。いい曲ですよね。Charlieもよくご存知の曲ですよね。STREET TALKは最新作が気に入られたみたいなので、機会あれば聴いてみていただきたいです。癒し、というよりはリラックス、という感じです。この曲もいいですが、1曲目は初夏の青空のもと、大きく伸びをしながら聴きたい超絶サワヤカTUNEなので、爽やかモードの時には是非聴いていただきたいです。記事をUPしたあと、PORCUPINE TREE“Lazarus”を失念していた事に気付きました。この曲もかなり癒されます。PRIDE OF LIONS、メロハー好きに是非聴いていただきたいです。爽やか系というよりはRock色が強いですが、メロディに隙がありません。もう間もなく最新作が出るので、購入したら紹介しますね。

MARILLION「BARVE」…りでぃあさんのBLOG開始のきっかけとなったバンドのアルバムですよね。「静かに心が高揚し、静かに心が洗われる音楽」…詩的な表現ですね。非常に心に残る、きれいな言葉です。スリーブに記載されているという、~Play it Loud with the lights off.~明かりを消して大きな音で…。 という言葉も凄く印象的ですね。MARILLIONはフィッシュ時代がよく紹介されますが、聴いたことがないのです。勝手に初期GENESISSのような音を想像していたのですが、どんな感じなのでしょうか。VO交代後は音楽性変わったのでしょうか。いずれにしろ、「BRAVE」聴いてみたいです。「聴くぞ!」リストに追加します。

投稿: KAKEHASHI | 2007年2月17日 (土) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2332/5301013

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れを癒す1曲:

« Saturn Skyline/LAST AUTUMN'S DREAM | トップページ | DIO WORLDへの誘い »