« 屋久島へ | トップページ | Human Nature/HAREM SCAREM »

2007年2月25日 (日)

2006年 Best Album

遅まきながら、昨年発売のアルバムでベスト10を選んでみました。
Best10を作れるほど満足に新譜を聴けている訳ではないのですが(^^;

では、早速…。

10位:City Of Evil/AVENGED SEVENFOLD
Avenged_city_1

国内盤は昨年発売の彼らをまずは選出。VELVET REVOLVERがパワーメタルに
走ったかのような、PVのカッコよさにシビレました。アルバムも勢いがあって良いです。
勢いあまって少々未整理な印象もありますが、プラス面だらけなので、OK!

9位:Wigwamania/WIG WAM
Wigwamania_1

S-Rockさんのところで“In My Dreams”を知ったのが、一昨年春のこと。
しかしながら国内盤発売がなく、残念な思いをしていたのですが、ついに発売!
80’sRockのオイシイところを、「今の」子供達に「楽しく」伝えているのが最高です。

8位:Eclipse/AMORPHIS
Amorphiseclipse_1

個人的に「Elegy」以来、10年振りの再会となった、AMORPHIS。その間の北欧トラッド
ミュージック傾倒期に実践していたのであろう、“歌モノ”路線と、「Elegy」以前の
北欧フォーク&プログレデスを高次元で融合した様に感激。#5の加速部で血が逆流!

7位:Human Nature/HAREM SCAREM
Human_nature_hs

「Weight Of The New World」以降に実践していた、新旧の音楽性のミクチャーと、
「Higher」「overload」の持つ淡い陰りを両立していて、好印象です。
#11は個人的に久々のヒット!すがすがしい気持ちにさせてくれます。祈来日!

6位:Deadwing/PORCUPINE TREE
Porcupine_deadwing_1

ファランさんりでぃあさんのところで知ったバンドですが、これは凄いです。
静寂という淡い水彩画のうえに、怒り、哀しみ、慈悲の心、という絵の具をさらに
塗りたくったかのような、独特の小宇宙を展開しています。#8の美しさに耽溺。

5位:Diarist/DARK LUNACY
Darklunacy_diarist_1

初期DARK TRANQUILLITYに通じる、泣き叫ぶGリフとGメロディで紡ぎだす、
ロシア民謡的な絶望の旋律、音の響きに胸は張り裂けんばかりです。
人の親として、赤ちゃんの泣き声が響き渡る悲劇に、耳を塞ぎたくなります。

4位:The Crusade/TRIVIUM
Trivium_crusade_1

METALLICAのようなリフとVo、しかしながら素晴らしいメロディセンス、それでいて
メタルコアとも違う、「新しくて古い」音楽性が私のような古参メタルファンの心を
鷲掴みに。マシューのスター性からしてもB!は3月号の表紙を彼にすべきでした。

3位:Saturn Skyline/LAST AUTUMN'S DREAM
Lastautumnsdream_saturn_3

プロジェクト臭を一気に払拭してみせた快作。ミカエルの哀しみと暖かみが同居した
メロディ、アンディの切なさを増幅してみせるGのコンビネーションが冴え渡ります。
特に#7、#8、#10は彼らの魅力が詰まっています。冬の夜に、是非。祈、来日!

2位:Silence/A.C.T
Silence_4

彼らならではの、優雅なQUEENプログレAORメタルが小粋に繰り出される前半部、
20分に及ぶ大曲“Silence”からなる後半部の、2枚組アルバムを1枚にしました的な
大作。ポピュラリティーと実験性を両立してみせた、傑作。#4の音世界は特に秀逸。

1位:Come Clarity/IN FLAMES
Comeclarity_5

彼らの新旧の要素を、理想的な形で「IN FLAMES」という音楽に昇華させてみせた、
傑作。彼らのどこが好きだったのか、そして近作のどこが好きになれなかったのか、
それを明らかにしてくれたのが#6でした。隙のない「メタル」なアルバムです。最高!

次点:Christ Illusion/SLAYER
SLAYERらしい優れた作品でした。でも、期待していた程のインパクトは残念ながら、
感じませんでした…。

こうして眺めると、良い作品にたくさん出逢えたなぁ…という印象です。
今のところ、昨年のIN FLAMESのような「キター!!!」的な作品は
登場してませんが、今年も良作に恵まれることを期待してます。

|

« 屋久島へ | トップページ | Human Nature/HAREM SCAREM »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

IN FLAMES、TRIVIUM、DARK LUNACY、AMORPHIS、PORCUPINE TREEあたりは文句無い出来ですよね。
未聴の中ではLAST AUTUMN'S DREAMがとても良さそうで気になってます。WIG WAMはルックス的に聴かず嫌いなんですが…気になります。

投稿: ファラン | 2007年2月26日 (月) 21時17分

ファランさん、こんばんは。IN FLAMES、TRIVIUM、DARK LUNACY、AMORPHIS、PORCUPINE TREEいずれも素晴らしい出来のアルバムでした。TRIVIUMは随所で評判になっていたのでずっと気になっていたのですが、聴いてびっくりしました。メタルの未来を背負っていけそうな音楽的可能性とスター性を兼ね備えていると思います。アルバムは若干、スリム化させたほうが良かったかな、とも思いますが、各曲の出来が良いので、あまり気になりませんでした。

LAST AUTMN'S DREAMは是非聴いていただきたいです!いわゆるメロハーなのでファランさんの好みにあうかどうかはわかりませんが、彼らの作品中最もロックしているアルバムで、かつバンド色の濃い作品なので、一番とっつきやすいのではないでしょうか。WIG WAMはオリジナリティという点では厳しいかもしれませんが、ROCKの楽しさを体現した曲、ツボを心得たフック、イロモノに終わらない確かなプレイと、ポジティヴに捉えられる要素が多く、単純に楽しめます。BON JOVIやDEF LEPPARDが好きななら、思わずニヤける部分が多く、面白いですよ。今、丁度来日中のはずです。

TBありがとうございます!こちらからもTBさせていただきますね!

投稿: KAKEHASHI | 2007年2月26日 (月) 22時11分

こんばんわ♪
KAKEHASHIさんのベスト10、興味深く読ませていただきました。
その内、4位と10位が未聴なのですが、確かファランさんもおすすめしてらしたし、
やっぱり気になるアルバムですね。またしても聴きたい蟻地獄にはまってますね(^^;
またPORCUPINE TREEを6位に選んでくださっていて、
ほんと我がことのように嬉しいです☆
>静寂という淡い水彩画のうえに、怒り、哀しみ、慈悲の心、という絵の具を
↑素晴らしい表現ですね♪
私も今年は今のところ「キター!!!」的な作品には出会えていませんが、
(LAST AUTUMN’S DREAMは去年の作品ですからね!)
この春、PORCUPINE TREEとMARILLIONの新譜が発売になるので楽しみです。
さぁ、今年もこれからどんな素敵な音楽に出会えるでしょうか☆
(追伸)明後日 WIG WAM 大阪行ってきます!

投稿: りでぃあ | 2007年2月27日 (火) 23時47分

りでぃあさん、こんばんは。4位と10位はTRIVIUMとAVENGED SEVENFOLDですね。後者はファランさんのところのサイドバーにPVが貼り付けてあって、ファランさんのところに行くと一時期もれなく聴ける&見れる状態にあったのですが、一気に気に入ってしまったのです。りでぃあさんもご覧になったことあると思いますので、聴いた瞬間、あぁ、あれだったのか!と気付かれると思いますよ。カッコいいです。PORCUPINE TREEは本当に気に入ってます。彼らの音って、絵画的で、水彩画のような淡いイメージがあるのです。新譜が楽しみですね。MARILLIONもりでぃあさんの記事読んでから気になってます。静かに心が高揚し、静かに心が洗われる音楽…聴いてみたいです。スピリチュアルな世界に行けそうですね。さて…WIG WAM行かれるんですか!!!羨ましいぃ~!!!東京は客入りもよくて盛り上がりまくったみたいですね。よかった。大阪もお客さん入るといいなぁ…楽しんでいらしてくださいね。いいなぁ…。様子、教えて下さいね!

投稿: KAKEHASHI | 2007年2月28日 (水) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2332/5490437

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年 Best Album:

» 2006年 アルバム・ベスト10 [My Hobby ファラン]
 2006年のアルバム・ベスト10を発表します。今の気分を反映して気楽に選考したものなので、軽く読み流してください。対象は2006年発売のアルバムです。 ■第10位 クライスト・イリュージョンアーティスト: スレイヤー出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン発売日: 2006/08/09メディア: CD 正に「SLAYER IS SLAYER」という強力な内容でした。デイヴの復帰も話題となりましたね。欲を言えば、突出した曲がないということでしょうか。 ■第9位 ス... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 21時13分

» 2006年 りでぃあ’s ベスト♪ [Lydia's Garden]
あと一日で2006年も終わりですね・・・。 今年一年を振りかえってみると、なんだか仕事ばかりしていたような気がします(T_T) で、その合間をぬってちゃっかりライブ三昧でCD三昧・・・と(^^; まぁ、とにもかくにも今年も音楽的にはよい一年だったんですけどね~♪ という訳でお待たせしました!!(って、誰も待ってへんって・・・) 2006年りでぃあ’s ベスト♪の発表でございます~!!(ぱふぱふぱふ~♪) ~アルバム編~ 1~2位のアルバムは私にとって絶対の順位なんですが、残りは、かなり迷いま... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 23時31分

« 屋久島へ | トップページ | Human Nature/HAREM SCAREM »