« 八丈島with台風7号 | トップページ | ゲルマ風呂に挑戦!? »

2006年8月14日 (月)

台風をお供に、八丈島へ

8月7日(月)~9(水)の2泊3日で仕事で八丈島へ行ってきました。
関西は梅雨明け以降、猛暑!お日様ギラギラ!
この調子なら、余裕の島めぐりだ♪…と思ったのが甘かった…。

デスクワークを17時まで遂行、オフィスを18時に出発、
京都発19時の新幹線で一路、品川へ。
竹芝ふ頭に22:00到着。あたりは新島へ若さのエネルギーを発散しに行く
若者たちで溢れています。すごい…。私の学生の頃は「ナンパアイランド、新島。」
などと揶揄されたものですが、今もなお、その伝統は受け継がれているようです。
とにかく凄い数の若者達です。

ともあれ、私たちは新島とは無関係に、三宅島経由の八丈島行きの船に
乗り込んだのでした。本来は飛行機で向かうところなのですが、
同行される方のスケジュールと飛行機の予約が上手く噛み合わず、
やむを得ず往路のみ船で行くことに。

う~ん、船が小さい。確か、台風が6号、7号、8号と3つ南方に鎮座していたような…。
こんな小さい船で大丈夫か?Roomhachi
「条件付出航」だそうです。
条件付???

まぁ、とりあえず1等客室だって
いうから、
快適な船旅を楽しむとしよう。
さぁ、快適クルージング!!!

…あれ?個室じゃなぃの?
「いやぁ~すみあません、
満室だったんすよ」
6人部屋でザコ寝ですか…。
…学生時代を思い出すなぁ…。

Rainbowbrdg

それでも10年振りの船旅に心躍らせて
デッキに出てみると、
ちょうどレインボーブリッジが。
船から見る景色もオツなものです。
仕事じゃなかったらなぁ。

取材班6人で酒盛り開始、
さながらワンルームアパートの
部屋飲み。
ちょっとした学生気分です。

明日からの島旅への期待と、台風の行く末に不安を抱きつつ…。就寝。

房総半島と三浦半島に保護下にある東京湾から離れ、三宅島を出発。朝5時。
そして…恐れていたときが遂にやってきたのです。
うなりをあげる高波。その高さ、5メートル。
こんな小さい船では、とても太刀打ち出来ません。揺れ、なんてものではありません。
5メートルですよ!?高低差5メートルですよ!?
バナナボートにしがみついているかのようなとんでもないシェイク!!!

こみあげていたものが、ずっと我慢していたものが、堤防を破壊してしまいました…。
以降、この状態が都合5時間継続しました。もう、何も出てきません。
猛烈にノドが渇きます。水飲みたい…!!!
でも、飲んだら最期、数分後にリバースすることは明らかです。
結局、5時間耐え抜きました…。死んだ…。

生きている…命からがら到着しましたよ、八丈島。

「大変でしたね~普通、この波だったら欠航しますよ~
よっぽど船の客入りがよかったんでしょうね~。ご愁傷様でした~!!!」

ネイチャーセンターのおねえさんからの、ぶっちゃけトーク。
客入り???じゃあなんですか、客数が少なかったら欠航していたんですか!?
…おそるべし。我々は仕事だったからまだ良いものの、観光の人達は可哀相に…。

Hachijoufuji
いろいろ波乱はありましたが、
とりあえず仕事は終了。
帰ってからが大変そうです…。

←これから先を暗示するかのような、
八丈富士の佇まい。
すっぽりと雲に覆われています。
三原山から撮影。



八丈島は島流しの対象地でした。

…なんて言い方をすると極悪人が多そうなイメージを抱きがちですが、
実際のところは政治犯、思想犯なので、罪人というよりは、政治的弾圧を受けた、
学者や官人の人が多かったようです。
さらには漂流者も多かったらしく、黒潮に載ってきた文化も混ざっています。

だからなのか、島の言葉にはどこか都人のような言葉が混ざっています。
例えば…「おじゃりやれ」。どういう意味かわかりますか?
「いらっしゃいませ」です。「おじゃる」と「~ませ」が混合したような言葉がどこか、Shimazushi
都っぽくありませんか?

さて、いよいよお食事タイムです♪ 
まずは、島国ですから、
お刺身でしょう!
「島寿司」というものを食してきました。
オナガダイ、トビウオ、カンパチ、
シマアジ、アオダイ、メダイ、チビキ、
メジナ、カジキ等の旬の魚をヅケにし、
わさびの代わりに
カラシで握るのが特徴らしく、
これが美味い!!!

Ashitabaそして、この島のもうひとつの名物は…
明日葉(あしたば)!

今日摘んでも明日また生えてくるという
生命力の強さが名前の由来で、
その由来の通り、生命力の源、
栄養たっぷり!
(←道端に生えていた明日葉)

しかも、この野菜の茎に含まれる黄色い液には血糖値を下げたり、
脳細胞の再生を活性化して認知症を防止したり、女性の大敵、セルライトを解消する力があるとか…!

そんなにもスゴイ野菜なら、Ashiten
食さない訳にはゆくまいて…(^^
天ぷらでいただきました。
これは…セリ科特有のクセは
あるものの、
旨味たっぷりでたまらないです!
これは沖縄のゴーヤ同様、
酒にあいそうですね…
八丈島といえば、島酒、焼酎!!!

八丈島の焼酎といえば、麦&芋!
麦オンリー、芋オンリーもありますが、 芋+麦ブレンドにこそ、特徴があります。
この個性的な味わい…たまりません♪Kihachijou

この明日葉、その黄色い液を染料にして
染めた「黄八丈」という織物も
島の名物で、これが綺麗な色でした。
無形文化財の山下八百子さんの染め工房
にも行ってきました。

…奥さんにお土産買って行こうかな…。
好みに合わないといけないので、
控えめに、小銭入れなど、購入。
それでも数千円したんですが…

気に入ってくれるかな…(^^;

幸せな時間も束の間。
翌日、空港にてアナウンスされた、
相次ぐ欠航情報。
台風7号は当初の予想進路を大きく外れ、東に進路をとりだしたそうです。
…思いっきり伊豆大島、羽田方面、飛行機の針路です。

空港到着から8時間後、
最終便の17時半にようやく出航決定&キャンセル待ちで席が空きました…。

羽田着18時半、京浜急行→新幹線→東海道線を経て自宅に到着したのは、
23時のことでした…。疲れた…。

Yuuzen04_1 機会があれば、今度はお天気の日
に行きたいです。
ちなみにここはダイビングのメッカ。
←こんなお魚達に出会えますよ!

おしまい。





(本日のBGM:No Longer Youching Ground/A.C.T.)

↓私のHP

|

« 八丈島with台風7号 | トップページ | ゲルマ風呂に挑戦!? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2332/3049512

この記事へのトラックバック一覧です: 台風をお供に、八丈島へ:

» セルライトを消せる?!<明日葉(あしたば茶)>【綺麗にダイエットの法則】 [綺麗にダイエットの法則]
こんばんは〜!「あるある大辞典」で<明日葉(あしたば茶)>が紹介されましたね!これでセルライト撃退なるか?!詳しくはMYブログまで! [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 10時25分

« 八丈島with台風7号 | トップページ | ゲルマ風呂に挑戦!? »