« レンタル半額! | トップページ | Last Epic/A.C.T »

2005年12月23日 (金)

雪降る街

Winter私は以前、札幌の街に6年住んでいました。

そこでは「雪虫」といいまして、

初雪が降る数日前に「一斉に」空を舞うのですが、

さながらその様はたんぽぽの種か、はたまた粉雪が舞うかのような、

そんなある種、幻想的な様相を呈します。そしてそれを見て我々札幌市民は

「あぁ、もうすぐ冬がやってくるんだな…スタッドレスタイヤに履き替えておくか」

などと思うのです。

札幌生活1年目、雪にはとにかくヤラレました。

朝起きたら、腰まで雪が積もっていたときは、それはもう、泣きました。

歩けない…バス来ない…会社行けない…営業行けない…予算が追えない…

1週間働いて、週末車に乗ろうとして駐車場行ったとき、それはもう、泣きました。

10台近い車が全て、雪山に埋もれて、どこに車があるのかわからないのです。

車に乗るより前に、まずは雪山から車を発掘しなければならないのです。

降りしきる雪…いまだ姿を現さない私の車…お腹すいた…ご飯食べに行けない…

初めてスタッドレスタイヤを履いて車に乗ったとき、それはもう、泣きました。

札幌の道路は「ミラーバーン」と言いまして、

スタッドレスタイヤによるアイスバーンの研磨

タイヤの摩擦熱によるアイスバーンの解凍

気温による凍結

の繰り返しにより、路面が磨かれて鏡面状になり、本州感覚ではブレーキがまるで

役に立たない状況が日常になるのです。とっさに踏んだフットブレーキ。

車はミラーバーンを回転。くるっと回転180°。

後続車の運転手さんとハイ、こんにちは。

自由が利かない車…回転する街の風景…迫り来る生命の危機…生きて行けない…

滑るのは車道だけじゃありません。当然、歩道も滑ります。

だから、札幌市民は冬専用の靴、「冬靴」を購入して、冬を過ごすのです。

靴の裏がスパイク状になっていて、滑らないようになっているのです。

REGAL等のブランド靴にも雪国仕様の靴がラインアップされており、

品番にはHokkaidouの「H」の文字が。凄いよ、北海道。別格の扱いです。

苦労の多い札幌の冬ですが、渋滞する道路から眺める、大通公園の

ホワイトイルミネーションは大好きでしたね。ドリカムも唄ってますよね、「Lat43°N」で。

♪一緒に見る約束、ホワイトイルミネーション…  

きれいですよ。ゆきまつりよりも好きでした。ホワイトイルミネーション。

ロマンチックです。

記録的な大雪に見舞われたクリスマス直前の、関西地方。

横殴りの突風と、大雪の吹雪のなかを歩きながら、

そんな札幌時代を思い出したのでした。

White_1 ←テレビ塔から見た、大通公園ホワイトイルミネーションです。

おしまい。

↓私のHP

ことのはの、かけはし

|

« レンタル半額! | トップページ | Last Epic/A.C.T »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2332/137239

この記事へのトラックバック一覧です: 雪降る街:

« レンタル半額! | トップページ | Last Epic/A.C.T »